• 2018年02月06日(火)

    閑話:しっかし、寒いわ…寒いですわあああ!

    本日2月6日、朝7時30分。

    雪、積もってませんが、西の空に不穏なる雪雲発見。

    そのうち、ぶわっと吹雪いて参りました。

    んー、どうすっべ?

    道路は凍っておりません。

    スタッフに「雪降ってるけど、道路大丈夫だよー。気をつけて出勤なさってー!」とメールを送って、店開く準備を始めました。

     

    シャッター開けながら、昨日より冷たくないか、コレ!と、誰もいないので大声で呟いて…うん、やっぱり誰もいないと、寂しいわいな。

    風、強し。

    雪止んでも、国道を走る車少なし。

    だよねー。

    今日の冷たさは、ひどかりようのちがいます。

    たまらんとです。

    なので、たまに車停まってお客さん入ってらしたら、「遭難せんごて、どうぞ!」と、飴とチョコのふるまいしております。

     

    我々レジの足下には、暖房器具ありませんでした。

    が。

    今年は、予報が酷すぎる!

    ので。

    福岡の自然農園の佐藤さんに相談して、レジでも大丈夫!(つまり、火が出ない、暖まる、多少の埃をかぶっても壊れない)な暖房器具を購入。

    ゼンケンの「アーバンホット」という、遠赤外線&電磁波カット&日本製暖房器具です。

    七山で、アーバンですってー!カントリーホットって言うたろうかい!

    名前に仰け反りながら、スイッチオン!

    …こら、いい。

    いいわあ。

    机の下に置いていますが、そこがお炬燵みたいにぽっかぽか~。

    あったまりの余韻が心地よくって、頑張って働けます。

    ありがとう、佐藤さん!

    ありがとう、ゼンケン!

    おかげさまで、頑張れます。

    ただし、今日は寒すぎて、このホットさんから離れがたしーなのデス。

    あうう。

     

     

    昔の七山は、もっともっと寒かったとです。

    つららなんて、とんでもなく長いものが軒下に出現しておったものです。

    等身大の雪だるまや、かまくら作った覚えがあります。

    雪が吹きさぶる中、小学生だと男の子は半ズボン、女の子はスカートで登校して、(タイツなんぞもってのほかでした)途中の蜜柑を拝借して、グランドの雪の中にツッコミ、給食時に取り出して「冷凍みかんー」とか何とか言いながら、食べておりました。

    山は総揃え体育会系なので、他の人と比べて重装備などしていると、即座に呼び出しをくらい、生意気かーとか何とか、もめ事に繋がるので、みんな軽装備。

    そんなこともあったよねえーと。

    今では考えられない田舎不文律に想いを馳せる、七山人。

    ひどいわー。

    ひどかりようのちがうわー。

    と、回顧したところで、今日は今日とて、寒いのに変わりなし!

    寒かばっかい!

    ああ、鼻から水が…。

    「すばれるわー」

    うちのスタッフがマスクの中で、もごもご何か言うとります。

    マスクは、装着してると暖かいので(笑)

    しばれるわー、でいいのかしらん。

     

     

    そんなこんなな、あゆのさと。

    七山、雪おりません。

    寒かばっかいですが、元気です。