• 2018年06月12日(火)

    6/12今日の、あゆのさと。初夏のお野菜そろい踏みなり~★

    出ましたよーヽ(*’-^*)。

    毎年恒例、スイカ作り名人じっちゃんが育てた、美味しいスイカです。

    「今年んスイカは、ちょっと糖度んのっとらんごたるさ」

    って言うとらしたとですけど、試食に1玉いただいたものを皆で割って食べたら…おいしかじゃなかですかー。

    「今日は特に、もうらしかけんが(じめっと湿度もあるわ暑いわぬるいわという意)、よけい美味かごたる」

    「…もうらしかって、何ですか…?」

    はい、きましたよー。

    地元民皆が分かるわけではない、方言。

    七山、狭いようで、広いとです…。

    じめっとるし、ぬっかとですてね。

    ほほう、もうらしか、とな。

    勉強になります。

    ちょっと脱線いたしましたが、このスイカ、農家のおじちゃんが弱気になるような味ではございませんでした。

    汁気だっぷり、さくっとざらっと舌触り抜群、初めちぎりってことで幾分さらっとした甘さの中に、名人ならではのコクもある。

    うん、うまい。

    今日からお盆すぎまでありますよー。

    ただ、ここで注意!

    日本人、なぜかこういうまるっこいもの見ると、手がのびちゃう。

    「叩いちゃダメ!やさしくなでてね!」

    叩いても、わからんとです。

    いや、わかるわいっていう強者さんもいらっしゃいますが、わからす人はほんの一握り。

    やみくもに叩いたり弾いたり、デコピン、だめー!

    ついうっかり手をのばしてしまい、その手の収納に困ったら、なでなでなでてあげてくだされ。

    お願いなの(´ェ`*)ネー

     

    万願寺唐辛子は、辛くない唐辛子。

    素焼きや煮浸しで、すんごいうまい。

    歯触りがね、香りがね、クセになっちゃいます。

    今日から夏終盤まで出ますよ-。

     

    新かぼちゃっていうのは、「ずきずきしとる」もんなんですが、さすがはうちの農家さん。

    「栗んごてほっこほこ甘か」です。

    ただやっぱり、煮炊きする時は、水を極力控えめに。

    うちのスタッフ大絶賛の南瓜さんです。

    これから冬にかけて、いろんなとにかくいろんな品種が出ますよ-。

     

    南高梅の完熟は、今年ちょいと遅れてるみたいです。

    お問い合わせがドンドンきてますが、まだですよー。

    もうしばらくお待ちください。

     

     

    今日から大石早生スモモが出ました。

    ちょっぴり寝かせて食べても美味しいですよ。

    素朴な甘酸っぱさが、たまりません。

    実はこのあゆのさと店舗が建つ前は、うちの爺ちゃんの畑でした。

    土手にはスモモの木が並んでいて、よくちぎって食べ散らかして怒られていたものです。

    なんだか懐かしいなあと、このスモモを見る度に思うのです。

    そんな爺ちゃんの畑には、枇杷もありました。

    わざわざ大切に袋かけてあるのに、それをちぎって、川でむちゅむちゅ食べておりました。

    紙袋は、爺ちゃんが川でたき火した後に放り込んで、証拠隠滅★

    これまた美味しかったなあ。

     

    これは、ぼたんこしょう。

    新潟県中越地方の「神楽南蛮」にも似てますが、もうちょっとわにわにってした感じで、信州中野の伝統野菜です。

    牡丹胡椒。

    字面が美しいです。

    種を取り寄せて、地元農家さんに作ってもらいました。

    ピリっ辛くてわにわにってした肉厚ピーマンと思っていただければええかな。

    私の大好物です。

    この牡丹胡椒に肉詰めて、とまと煮込みって最高!

    暑い時も、ごいごい食べちゃえるので、…いっちょん痩せんですてねー。

     

    今日、葉物ないけど、初夏の恵みが並んでますドーゾ(シ´ω`)シ ((o _ω_)oヨロシク