• 2018年07月07日(土)

    一夜明けて、地元消防団、がんばるがんばる!そして、おや?川石の配置、だだ変わりしております。

    昨日、土砂崩れで近所の農家さんの小屋をかすめながら、国道323号線が埋まりました。

    釘本建設さんの素早い作業で、国道開通しております。

    今日の朝6時に、浜崎まで下ってみました。

    結構土砂が流れた跡があります。

    あと、出水もひどいかな。

    そんなこんなですが、道を通るには障害がないので、あゆのさと、店開けました。

     

    農家さんの小屋の中、結構土砂が入っていたようですが、地元消防団出動!

    久しぶりに、軽トラの荷台に人が乗って通っていく、そんな光景を見ました。

    昔は、よう見たもんです。

    いや、いかんのだけどね。

    非常事態だから!

    許されるであろう!

    夕方には小屋がすっきり整理されてました。

    良かった!

    お疲れさまです、皆様!

    ああ、差し入れ持って行きそびれちゃったです…。

    「上ん方から流れとるけんが、工事ん大変か」

    その土砂の出発点が問題。

    かなり上の方から崩れてきた様子。

    うわあ…。

     

    川沿いに歩いてみました。

    あ、あれ。

    水路にまた水流れとらんけん。

    辿ってみたらば、おおう、水路の一部に穴あいとる。

    げろげろ。

    …誰が修理するんだ、これ。

    私か!

    うーん、いやーんと呻きながら見回すと…おんや?

    地形に変わりはないのですが、違和感あるある。

    石の配置が、おかしい。

    あのでっかい石はどこに行った?

    …大水って、怖いですね…。

    202号線の筑肥線脱線の土砂崩れはまだ復旧していないようです。

    七山も、雨止んで見回してみたらば、実に崩れた箇所が多い!

    緑の山肌に、茶色がどどんっと入ってまして。

    香りが、やばい。

    水と土と、木の根っこの匂い。

    二次災害が起こらないことを祈るばかりです。