• 2019年01月17日(木)

    麗紅れいこうみかん、でました。見てこのつやっつやもこっもこ紅いみかん★

    いよいよ出ました。

    麗紅みかんです。

    「ちょっと早かかもしれんばってんが」

    早速試食タイム。

    皮を剥きにかかると、ことのほか薄い皮がぴったり果肉にひっついていて、なかなか剥がすのに手間がかかります。

    が。

    このごっつい皮を一皮剝けば、薄い半透明の白皮に包まれた下から現れるのは、つるんむちむちっとした果肉が、ぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅーっ!

    1房とってかじると、たっぷりの果汁が滴り落ちてきたので、慌てて残りも口に押し込んで。

    濃い。

    甘い。

    酸味上々。

    香りぶわっと、派手に甘やかな余韻。

    うん、満足。

    うんまい!

    ちょい酸味が立つので、ちょい寝かせて食べてもいいかも。

    そして今年は、去年よりも2回りほど大きい!

    1個260円(税込み)で販売開始です。

    そこで「高かねー」と言っちゃった方、ダメダメ~よ!

    福岡の某百貨店では1個1000円くらいで販売してあるもの。

    この麗紅を6~7個箱詰めで3000円くらいと考えると、1個から好みで試せるって、パラダイスなんだもの。

     

    麗紅みかんは、唐津農協の選別を通ると「はまさき」という名のスペシャル特産品。

    JAグループのホームページによると↓

    『「麗紅」は清見にアンコールみかんを交配し、さらにマーコットオレンジを交配したう品種です。8センチ程度の大きさで温州ミカン並みに簡単に皮が向け、赤みがかった橙色が特徴で際立つほど滑らか表面しています。また、果肉はずっしり詰まり、果汁がたっぷりで、味はさわやかな甘みが口に残ります。そして、果肉を包んでいるジョウノウ膜が非常に薄く、とても食べやすいです。佐賀県の唐津地区の松浦東部で栽培され、浜玉選果場で集荷されます。そこで、糖度・酸度が基準を満たし、外観の優れたものを選りすぐり、「はまさき」として販売を行います。出荷時期は2月ぐらいから開始され、3月ぐらいに出荷のピークを向かえ、その月に出荷を終えます。』だそうです。

     

     

    おいしいって、それだけで幸せ。

    でも、そう感じるって、とてもタイヘン。

    美味しいものって、農家さんによるたいへんな努力がないと、形にならないし。

    私たちが頑張ってお客さんにその美味しさをアピールしていかないと、美味しいって分からないし。

    お客さんが、いいタイミングで美味しく食べないと、美味しくないし。

    そもそも、そこそこ体が元気じゃないと美味しいって感じられないし。

     

    美味しいものを美味しい瞬間に美味しくいただけるって、本当に、幸せ。

     

    麗紅みかんを美味しく試食しながら、そう思った訳であります。

    うふふふふ、単に食いしんぼさんなだけだったりして。