• 2019年11月07日(木)

    アミタケSuillus bovinus…こんなキノコ、初めて見た!初体験です!!

    「アミタケって、知っとんね?」

    農家さんから電話。

    「なん、それ?」

    「とれたけんが持ってくるばい。値段ば調べちょってばい」

    「…え??」

    そして出てきたるは、コレ。

    湯がくと、レバー。

    すっごい赤紫色に変身!

    たふたふぬるぬる、…手触り、にゅるんにゅるん。

    ごま油に塩おとして、食べてみました。

    おおう。

    これは、あれですよ。

    今や禁断の牛レバーに似てる…!

    価格は分からないのでネットサイト見たら、な、な、なんですとー!

    超!高級食材じゃなかですか!

    100g800円ですとー!

    「じゃあ、おいは200g入れてきたけんが、540円(税込み)でよかばい」

    ふふふっふふ、太っ腹ですやーん。

    「広島とか、よそかい採りに来よるけんが、あんまりとれんやったばってんが、せっかくやっけんが持ってきちみたばい」

    おおう。

    くれぐれも、気をつけてくださいね。

    そしてアミタケの後には、なんとなんと、マツタケが生えるそうな。

    あら、そっちも気になるわね~★

    しかしこのアミタケさん、非常によく似たキノコでチチアワタケなるものがあるのですが、こちらは毒キノコです。

    湯がいて色が赤紫色に変色しなかったら、毒キノコ。

    キノコは、恐いですね…。

    そういえばその昔、七山のある地区の皆様が、区役の後にキノコ採ってバーベキューしたはいいけど、毒キノコに当たって集団食中毒を起こしたという悲劇が…あったり。

    私が言うのもなんですけど、キノコにはくれぐれもご注意くださいね。

     

    ちなみに、このアミタケは大丈夫。

    私、毒味済みですもーん。

    気になる人は、あゆのさとまでお電話どうぞ。

    出てるかどうか確認できますよー。

    別名「森のレバ刺し」

    誰が考えたよ、このネーミング…。