• 2017年09月04日(月)

    閑話:方言の文法が、全くわかりませ~ん(。-`ω-)ンー、そんな瞬間ありまして。

    ある日の、あゆのさと日誌から。

    「えずかー」

    「えすかー」

    「こわしゃしとらす」

    「えっしゃしとらす」

    台詞が並んでおりました。

    …何があった、うちのスタッフ?

     

    上2つは、「怖いわー」、自分が怖いのね。

    下2つは、「怖がってらっしゃる」、他の人、しかも目上の人か愛玩物(?)が怖がっているように見えるのね。

    七山弁、恐るべし。

    しかも、語尾に「たい」もしくは「ばい」が付いていないので、上記4つは、不確定、というか、なんかこう、まだもやもやっとしている感じもあります。

    「えずかたい」

    「こわしゃしとらすばい」

    で、確定といったところ。

    間違いなく何か怖いし、怖がってらっしゃるのがわかる、的な。

     

    七山弁がネタ帳になるとは、恐るべし。