• 2017年12月15日(金)

    めでたい亀飾り、じいちゃん今年も頑張ったです★

    佐賀大和の爺ちゃんが作りよらすとです。

    夏の間に大切に育てた稲穂を丁寧に編み込んで出来上がりたる、この「めでたいかめ」さん。

    お正月飾りとして作ってありますが、明けたら日章旗&日の丸なんかの飾りをとって、かめさんの腹に防虫剤を仕込んで、お部屋に飾り直すといいですよ。

    たまに、鬼火焚きで焼いたという事件を聞きますが、それはやめたってーくださいー。

    だって。

    立派なんだもん。

    民芸品って言ってもいいんだもん。

    もったいないんだもん。

    縁起ものですから。

    年がら年中、福よゆっくりいらっしゃいーな、かめさんです。

     

    今年は、赤米のかめさんと、白米のかめさん。

    黒米かめさんと、おちびかめさんは、できておりません。

     

    毎年毎年、「おりゃあもう、できんばい。腱鞘炎の酷うて、もうしきらんばい」と爺ちゃん言っとらすとですけど、そうは問屋がおろさなーい!いや、私が阻止したるーの!

    「後継者が見つからんことには、引退、絶対だめ!ストップ引退!お願いですー!頼みますー!あなたしかおらんとですー!」

    毎年毎年、泣き落としたり、すがりついたり(笑)、宥めたり、お強請りしたり、私もやりたい放題で爺ちゃんにかめさん作ってもらっております。

    そんなこんなで、今年も、作ってもらえましたよー!

    良かったよー!

    そして毎年毎年、お客さんに伝えておりますが…来年はどやんなるか分からんです。

    爺ちゃんが達者かうちに、どうぞ!

    めでたいかめさん、いかがですか?

     

    そしてこれは、福岡のお客さんの作品。

    ギャラリーに出品してらしたのを、あゆのさとにも置いてくださいましてん。

    めちゃかわいい注連飾りもいかがですか?

     

    日本のお国の祝い事です。

    地元で作られた注連飾りで、年神様をお迎えいたしませう!